いらいらが溜まる内

目下ジリジリがたまって仕方ない時がある。カルシウムが足りないのかと思えば乳を様々飲んでいるからそうでもないような気がするのだが。だけどカルシウム白紙もそうなのだが、やっぱ周りの有様というものはとても大事なような気がする。近年いるところはムード的には至極有様がいいのだが、やっぱり条件細長い域なのだろう配達に行っても好奇な瞳で見られてしまうことが多い。日本どこに行ってもそうなのかもしれないけど。予め海外で育った自分としては日本のふる里には憧れても、そこに暮すにはかなり一大のかもしれない。不快ばっかり言っている天命も詰まらないけど。はたしてくだらない天命になってしまいそうな思いもしなくはないが、だけど実質毎日がそういった有様だとそのように見まがう。日本では根を引き上げることは仁徳とはされていない。けれど実際問題何かから逃げないと生命の火が消されて仕舞うという事態にもなりかねない。そんなこんなで耐える身の回りなのですが。ミュゼ ひげ

懐かしくて、わずかもの悲しいお弁当の経験

お弁当といえば、最近は甚だ楽しくて明るい雰囲気ですね。書店には人間弁のレシピの正規が並んでいるし、製品屋さんに行けば可愛いお弁当器がいくつもおいてあります。これだったら、仕掛けるときも召し上がるときも楽しめますね。でも自分がお弁当を食べていた40年頃前はこうではありませんでした。冷凍料理もチルドもなかったですから、だいたいは夕ごはんの残り物。ルックスもよくなくて、個人に残せるようなお弁当じゃなかったですね。今でも覚えているのは、中華まんじゅうが2つだけ入っていたお弁当。お母さんが寝坊したときの手抜き弁当だ。それとはうって変わって、やたらと豪華なお天道様もありました。それは親せきの婚姻の翌日のお弁当。持ち帰った披露宴の献立がただただ入っていました。でもいくらなんでも鶴のかたちをしたまんじゅうまで押し込めることはないと思うのですが、甘味という行いだったのでしょうね。サッと開けたら、飯だけということもありました。おいおいと思って、お箸で掘ってみましたが、何もありません。家に帰ってお母さんに聞いたら、缶詰を持たそうと思ったけど忘れたということでした。あんな大切なもの、忘れ去るなよ。キレイモ 全身脱毛

幼稚園児のこどもと二人で夕食構成をしました。

 幼稚園の年長君になった娘が「ディナーを手伝う!」と言ってくれたので、一緒にディナーを組み立てることにしました。今日の構成はポテトサラダと、春雨スープと豚肉炒めだ。娘には、ポテトサラダのきゅうりとハム、春雨スープに扱う野菜を切ってもらうことにしました。
 野菜を下回るのは幼稚園に混じる前から挑戦していて、硬くないマテリアルなら簡単に切って頂ける。お気に入りのピンク色の上のマイ包丁でさくさく切り始めました。「いかなる感じに下回る?」と聞かれて、「こうやってこちらむきに下回るんだよこれはせんぎり。」今は、切り者の呼称を教えていらっしゃる。メニューに興味があることはいいことだ。マテリアルにも期待が出るので、娘は成否がありません。
 時間をかけてすべてのトピックを切ってくれました。徐々に上手になってきているので、お子さんは改善がはやいなぁと感心しました。ディナーは極めておいしくできて身内も大ラッキーでした。しばし著しくなったら助手なんてしてくれなくなるかもしれません。今のうちに二人で肩を並べてメニューを楽しもうと思いました。脱毛ラボ カウンセリング

学生時代、登校時にかいた大恥。何事も余裕をもって行動しましょう。

学生時代、朝はいつも戦争でした。
ギリギリまで寝ているので、布団から出る時はいつも朝8時を過ぎており、食堂に置いてあるパンを口にくわえて登校するのが日課のようなものでした。
まるでマンガのような話ですが、実際に体験していたことです。
しかしその日は私のその日々の習慣のせいで大恥をかくことになってしまったのです。
私はいつも通りパンを口にくわえ、自転車に乗り、時間がないので全速力で自転車をこぎました。
勿論、口にくわえたパンは噛んで少しずつ喉のの奥に押し込んでいました。
そして、学校の校門まであと数メートル、予鈴まであと2分、ギリギリ滑り込みセーフと安心した瞬間です。
パンを口にくわえていることも忘れ、口を大きく開けて、
「やったー」
と叫んでしまいました。
口の支えを失ったパンはというと、慣性の法則に従って私の顔面にぶつかりました。
しかもジャムが大量に塗ってあるパンが。
私は校門前の先生達の面前でジャムで真っ赤になった顔を晒すことになってしまいました。ベルタ酵素 販売店