全米フィギュアスケート選手権が行われ、男子シングルスでは17歳のネイサン・チェン選手が優勝しました。彼はジュニア時代から注目されていた選手で今年シニアデビュー。グランプリファイナルでも羽生選手に次ぐ銀メダルに輝きました。そして、全米フィギュア選手権では4回転ジャンプをショートで2本、フリーで5本決め非公式参考記録ながら318点もの点数で圧勝しました。羽生選手の持つ世界記録には及びませんが、フリーで5本もの4回転ジャンプを成功させたのは史上初の快挙だそうです。
まだ、スケーティング技術などの表現面での点数が低いのですが羽生選手に最も近い選手だと言えます。しかもまだ17歳ですのでこれからどんどん伸びる時期だと思います。平昌オリンピックはもちろんのこと、3月に行われる世界選手権がとても楽しみになってきました。羽生選手を脅かす選手が出てきて、刺激にもなり切磋琢磨し合いながらスケートを進化させてほしいです。マツモトキヨシ葉酸サプリベルタ